読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そば切り 天笑 (枚方)

f:id:takorii:20161004203637j:plain

 

京阪電鉄枚方市駅からすぐのところにある手打ち蕎麦屋

2年ぐらい前に一度来たことがあるんだけど、あまり印象に残ってなかったので再確認の意味も込めて友達を無理やり誘って訪問。

昼前なのに店内はほぼ満席だった。

 

注文したのは、粗挽きそば(950円)と細切りそばとそばがきのセット(1500円)。

ミシュランで星を取ってるらしく、そのせいかけっこう強気の値段設定。

 

f:id:takorii:20161004203703j:plain

粗挽きそば 

f:id:takorii:20161004203714j:plain

細切りそば 水切りがいい

 

ミシュランで星を取ってる大阪の蕎麦屋は何軒か行ったことがあるけど、どこもその程度なら東京にいくらでもあるよねってレベルなんだよね。

まあ、ミシュランは蕎麦に関しては素人なんで(笑)。

 

それはどうでもいいんだけど、まずびっくりしたのは量が少ない!

これで900円は高すぎでしょ。

前もこんなに少なかったかなあ。

 

粗挽きは鳥取産、細切りは広島産ということで、肝心の味はというと、半分ぐらいそのまま食べた感想としては、どちらも風味に乏しい。 

ただ、水はしっかり切れてたし、切り方も丁寧。

 

一方、辛汁は甘めで、良く言えばすっきりしていて上品、悪く言えばパンチに欠ける。

つまり薄い。

鰹節が効きすぎなのはマイナス。 ただでさえ弱い蕎麦の風味を殺しちゃうからね。

粗挽きも細切りも二八だと思うけど、この辛汁には合ってるのかな。

これが十割だったら、この汁では力不足。

 

セットのそばがきは、炙っているわりには風味がなく全体的にぼんやりした印象。

おいしいんだけどね。

 

f:id:takorii:20161004204358j:plain

そばがき 見事な出来ばえ

  

ということで、総評としては前回の記憶が残ってなかったのも納得。

すごく丁寧に誠実に作っているのはわかるんだけど、こじんまりとまとまってる感じで、鮮烈さがないんだよね。

やっぱり蕎麦はひと口すすってガツンとこないと。

ざる一枚で満足させる力強さがここの蕎麦と辛汁にはない。

厳しい言い方だけど、そういう意味ではすごく不誠実。

しかも、この値段を考えればなおさら。

 

蕎麦というのは不思議な食べ物で、作る職人の性格がはっきりと出る。

どんなに忙しくても手を抜いた感じがしないのは、ご主人が真面目な人だからだと思う。

蕎麦は物足りなかったけど、応援したくなる店。

 

★★★☆☆

 

訪問日:2016年10月2日