読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手作りスパイスカレー 完成編

カレーづくりの難点はとにかく時間がかかること。

炒める終わる時点で腰が痛くなるわ、おやつ食べながら作ってると食欲もなくなるわで、まさに一日がかりの作業だということがよくわかる。

 

でも、おいしいカレーを食べたいなら労力をいとわないのが真のカレー好き!

 

ということで、いよいよフィナーレです。

 

STEP3:  煮る

 

前回炒め終わった野菜にもうひと手間加えます。

と、その前にこいつを用意。

 

f:id:takorii:20161112120720j:plain

りんご 見りゃわかるって?

 

フードプロセッサーに炒めた野菜を入れたらそこにリンゴをすりおろし、水約300mlを加えて混ぜる。

私が持ってるフープロは小型なので、二回に分けないといけないのが玉にキズ。

たまにリンゴを入れるのを忘れちゃうんだよな。

 

ミックス後はこんな感じ。

 

f:id:takorii:20161112121607j:plain

少しゆるめのジャムぐらいの固さ?

 

ベビーフードでこんなのがあった気がする。

子どもがいないのでわからないけど。

 

で、これを鍋に戻して弱火で温め直したらスパイスを投入。

 

f:id:takorii:20161112122140j:plain

 

スパイスで欠かせないのがこちら。

 

  コリアンダー 大さじ1~2

  クミン 小さじ1~2

  ターメリック 小さじ1

  カイエンペッパー 小さじ1

  

スパイスは最低限この4種類があればカレーはできます。

分量に正解はないので、数字はあくまでも目安。

ターメリックは苦みが出るので自分で作るときは少なめ。

 

入れた方がいいと思うスパイスがこちら。

 

  カルダモン 小さじ1

  フェネグリーク 小さじ1

 

カルダモンとフェネグリークはあのカレー独特の香りが出るのでオススメ。

 

そのほか、適宜加えるスパイスがこちら。

  

  クローブ 

  ナツメグ

  オールスパイス

  シナモン

 

さらに、この時点で塩を小さじ2ほど入れている。

だまにならないようにていねいに混ぜ合わせたら、今回は鶏肉を投入。

 

f:id:takorii:20161112165445j:plain

豚肉でもOK

 

色が白っぽく変わるまで煮ながら炒める。

 

そこに水300mlを足して、中火でコトコト煮る。

具材のニンジンやジャガイモを加えるならこのタイミング。

煮ること約20分。

味を見て薄かったら塩を足す。

私の場合は醤油、ナムプラーも加えて味を調える。

 

f:id:takorii:20161112170541j:plain

サラサラカレーが好みなら水を足して煮込む

 

この日は使いかけのしめじがあまってたので、しめじチキンカレーにした。

 

出来上がりがこちら。

 

f:id:takorii:20161112171036j:plain

チキンが見えないな...

 

 

では、いただきまーす!

 

f:id:takorii:20161112171538j:plain

ライスは五分づき、刻んだネギがアクセント

 

最後に

ルーやカレー粉を使うのもいいけれど、スパイスから作ることができればカレーの幅ももっと広がるはず。

自分のカレーはまだまだ発展途上だし、水の代わりに和風出汁を使うとか、スパイスの配合を変えるとか、試したいことはたくさんある。

何度も言うけど、カレーの作り方には正解がないので、みなさんも自分なりのオリジナルカレーをめざしてみてはいかがでしょうか。

私も次回はジャガイモ抜きで作ってみようかな。